離婚はお互いが合意すればいつでもすることができますが、逆に合意がないと離婚できません。 そのため、妻が離婚に応じてくれず、なかなか別れることができないというケースもよくあります。 こういった場合、どうすればいいのでしょうか? どうしても離婚に応じてくれない場合は、家庭裁判所を利用しましょう。 「ちょっと大袈裟かも・・・」と思うかもしれませんが、そうしないといつまで経っても別れることはできません。 家庭裁判所に行って離婚調停を申し立てることで、離婚できる可能性が高くなります。 もし、それでも応じてくれない場合は、離婚裁判を行って裁判所の判決に従うという流れになるでしょう。 ただ、こちらが離婚したいと思っていても、裁判所の判決で認められない場合もあります。 どういったケースかというと、法定離婚原因に該当しない場合です。 例えば、妻に不貞行為があったり、悪意の遺棄がある場合は、離婚が認められる可能性が高いと思ってください。 しかし、性格の不一致だけでは離婚が認められないこともあるでしょう。